一戸建て

府中市で戸建を買うなら新築と中古どっちがいい?


府中市で戸建を検討している方にとって、新築戸建てにするか中古戸建にするかは迷われるポイントかと思います。新築・中古それぞれによさがありますし、その違いをよく理解してから購入に向かうほうが失敗せずにすみます。

ここでは府中市で新築か中古かで迷われている方に向け、それぞれのメリット・デメリットについてお伝えしていきます。

手っ取り早くポイントを知りたい方は、目次の「まとめ」をクリックしてください。

新築戸建のメリット

新築戸建てのいいところというと、みなさんは何を思い浮かべますか。だれも利用したことがなく、全てが真っ白な、新しさと清潔感にあふれる部分ではないでしょうか。

新築戸建ては設備や部材が最新のものを使っており、メンテナンス面においても維持費用がかかりにくいといった点なども魅力のひとつとなっています。

現在では断熱性や保温性の高い素材を使用することで、光熱費やメンテナンス費を抑える住宅なども多く出てきています。

また、保証の部分についても、すべての新築は「住宅品質確保推進法」という保証に守られています。これは10年間、柱や梁といった構造耐力上主要な部位、雨漏れや白ありの害について保証されるという制度のことです。

 

新築戸建のデメリット

未使用であり、清々しい気持ちにさせてくれる新築戸建てですが、デメリットとなる部分も実はあります。

金額が高い

まずは価格の面ですが、やはり中古に比べて高額になります。府中市においても新築戸建ての価格は4000万円~5000万円台のものが多くみられます。

立地がよくないケースが多い

新築戸建ては郊外や、立地があまりよくない土地に建つ場合が多いです。

いい立地には既に何かしらの物件が建っているため、結果として今残っている土地に建てざるを得ないからこのようになっています。

周辺環境など住んでみないとわからない部分がある

大型分譲地やニュータウンなどこれから住民が住み始める場合、近隣の状況や環境がわからないケースがあります。

日当たりや住み心地などもそうですが、ご近所関係や周辺環境などのリアルな情報がありません。

そのため実際に住んでみると、思っていたのと違うと感じることもあります。

 

中古戸建のメリット

近年中古戸建の取引市場も大きくなっており、昔よりも中古戸建を選ぶ方は増えています。ではなぜ中古戸建を選ぶのでしょうか。こちらではまずメリットとなる部分をお伝えします。

価格が安い

新築戸建てと比べて価格が2割~5割ほど安くなっています。建物本体の価格を抑えることができれば、その分の費用をリノベーションにまわしたり、将来への備えにまわすことができます。

また、本体価格を抑えることで住宅ローンの借り入れ金額も抑えることができます。これは住宅ローンの利息として支払う金額も減らすことができるので、結果として費用を大きく抑えることにもつながってきます。

立地の良い物件が多い

いい立地の場所には既に建物が建っていることがほとんどです。そして中古住宅の中にはそういった『いい立地』に建てられている物件が多かったりします。

そのため将来的に建て直しをしたり、リノベーションをして住み続けたりと色々な選択肢が広がります。

実際に見て確認できる

新築と違い、現物を見て購入ができます。つまり実際の日当たりや間取り、周辺環境や近所の状況などをリアルに確認して判断ができる点もメリットです。

具体的な状況を見てから判断できるので、間違いない物件選びをすることができます。

土地が広いものが多い

新築戸建てと比べて、土地の面積が広いものが多くあります。その分値段が高くなって新築戸建てと変わらないというデメリットにもなりえますが、土地面積の広さは間口にもよりますが、資産価値が向上するポイントになります。

関連記事「府中市の中古住宅・中古戸建てで築年数の狙い目は?」

 

中古戸建のデメリット

メリットの多い中古戸建ですが、デメリットとしてはどのような点があげられるのでしょうか。

新品ではなく、あくまでも古い物件

一度居住者が住んだ物件のため、住んでいた人次第で物件の状況が全て違います。

つまり早急に設備の修理が必要であったり、メンテナンス工事をしないといけない物件もあります。

そういった場合、新築よりも維持費が高くなる傾向もみられます。

設備、機能面が最新ではない

快適に暮らすための省エネ基準や耐震基準を満たしていない中古戸建てもあります。これはもちろん住みやすさや安全面においても気になるところですが、住宅ローン控除や助成金といったことにも関係してきます。

もちろん改修工事などで適用できることもありますが、そのままでは税金面で条件を満たさないことも多くあります。

違法建築、既存不適格物件がある

法律に違反して建てられた建築物や、法律や制度の改正によって基準を満たしていないと判断された建物が多くあるのも事実です。

こういった物件を購入してしまうと、金融機関での住宅ローン審査がおりません。結果として契約を破棄することになり違約金を支払ったり、トラブルに巻き込まれてしまうケースもあります。

また、不動産会社の担当ですらこれに気づかずに取引を進めている人もいます。中古不動産の取引にきちんと対応できない不動産会社がいまだに数多くあるのが現状です。

 

資産価値は新築・中古ともに立地による

資産価値という面からみると新築と中古はどのような違いがあるのでしょうか。新築戸建て・中古戸建の資産価値を見極める中で、一番大事なのは立地です。

例えば30年後に売却することになった場合、立地のいい場所の中古であれば買い手はつきます。そのままリノベーションして住むこともできますし、建て直すこともできるからです。

しかし立地の悪い場所の物件は買い手が中々つきません。同じ中古戸建を買うのに、わざわざ立地の悪いところを選ぶ人は少ないからです。

これは売却価格にも大きく影響します。買い手がつきやすい物件は高い価格で取引されますが、買い手がつきにくい、立地の悪い物件は比べると大きく下回る価格で取引されることになります。

そういった資産としての面からみても、立地がいいというのは魅力的です。

利便性の良し悪し

長く住み続けることにおいて、とても大きなポイントとなるのが利便性です。

例えば通勤や通学で駅を毎日利用する場合。駅から遠いということはとても大きなマイナスです。

このような日々の生活からくるストレスによって住む場所を変える方は非常に多くいます。

不動産の価値は、その場所に魅了を感じる人がどれだけ多くいるかということで決まります。

その中で利便性が占める割合は大きく、資産価値を考えるのであれば利便性がいい土地であることは必須でしょう。

居住誘導区域内かどうか

居住誘導区域という言葉を知っていますか。

今後日本では本格的に人口減少が進んでいきます。その中で商業地や行政サービス、住宅等を中心地に集めて、持続可能な街づくりを進めていく動きが始まっています。

居住誘導区域とは簡単にいえば、中心部において居住地が集約されていく地域になります。つまりこの区域以外の住宅は、住居としての価値が大きく下がってしまう可能性があります。

府中市においても立地適正化計画として、今後来る人口減に対して計画を進めています。駅を中心とした地域と、郊外エリアとでは資産としての価値が大きく違いがでてくるでしょう。

災害リスク

最近台風や大雨による河川の氾濫による被害がニュースで多くみられ、災害リスクに対する考え方も一段と強くなってきています。

そのため今後災害リスクの高いエリアでは不動産の価値も目減りしていくことが予想されます。

もちろん自然災害に対して完全に安全といえる地域はないですが、自然災害の発生する可能性が高い地域をあらかじめ調べることはできます。

府中市においても多摩川付近では水害ハザードマップに注意地域などの掲載があります。

その地域における洪水や土砂災害などの危険度を地図上に表したハザードマップがありますので、事前に確認しておくほうがいいでしょう。

参考:ハザードマップポータルサイト(国土交通省)  https://disaportal.gsi.go.jp/

 

資金面では中古戸建てが有利

中古戸建の場合、仲介手数料やリフォーム費用といった新築戸建てにはない費用がかかります。しかし本体価格の差は非常に大きいです。

また、中古戸建の中には価格以上の価値をもった物件が多くあります。そういった物件は築年数がたっているというだけで、ほぼ土地価格で売られていることもあります。

もちろんリノベーション工事にいくらかけるか等にもよりますが、新築戸建てと比較すると中古戸建のほうが予算的に抑えられることが非常に多いです。

物件選びを間違えると割高になってしまうことも

だからといって安易に安い中古戸建だからといって飛びつくと、結果的に大きな費用がかかってしまうこともあります。

例えば建物の主要な部位や柱、屋根や壁といった大きな部分で改修工事が重なると、せっかく安い金額で手に入れた中古戸建もあっという間に新築戸建てと変わらないほどの予算がかかってしまうことも。

そうならないためにも中古戸建選びは慎重に行わなければなりません。

関連記事「府中市で中古住宅・中古戸建ての内覧時に知っておくべきポイント」

割高な物件を買ってしまわないようにインスペクションを活用しよう

一般の方で中古戸建の隅々まで調べてから買うのは、知識や経験、そして時間も必要となりとても難しいことです。そういった場合、プロの目を使って、インスペクションを活用するのが安心です。

インスペクションとは住宅の専門家が家の欠陥や状況を調査し、診断してくれる検査のことです。中古戸建の場合、1つ1つ建物の状況が全く違います。

買ってから欠陥や劣化が見つかる事態にならないように、事前に専門家に見てもらうほうがより安心して買うことができます。

もちろんインスペクションの費用はかかりますが、インスペクションをせずに居住後大きな欠陥が見つかった場合の費用や不安を考えれば、必要経費といえるでしょう。

 

中古戸建ても視野にいれるなら、中古戸建ての扱いに慣れた府中市の不動産会社を

新築戸建ても中古戸建も、それぞれにメリット・デメリットがあり、どちらがあうのかを選ぶ必要があります。

その中で中古戸建を検討していく場合は、上記でお伝えしたデメリットとなる部分をよく吟味しなければなりません。

価格や立地、そして現物を見て選べるといった面ででメリットがある一方、よく物件を調べないと違反建築の物件や、資産価値の低い物件を選んでしまうリスクもあります。

しかしこういった部分をご自身で全て調べるのは簡単なことではありません。失敗しない物件選びをするためにも、不動産のプロの力を借りることをおすすめします。

府中市にも不動産会社はたくさんあります。不動産会社の中にも新築が得意な不動産会社や、賃貸が得意な不動産会社、売買が得意な不動産会社などそれぞれ特徴があります。

その中でも府中市における中古戸建の取引に長けた、信頼と実績のある不動産会社を選ぶことで、安全な住まい選びができるでしょう。そして中古戸建によって豊かな暮らしを実現していきましょう

 

まとめ

最後に府中市で新築戸建てか中古戸建てを購入するか迷った時のポイントをまとめておきます。

  • 新築戸建ては新築であること、設備面や性能面で最新のものである
  • 新築戸建ては中古戸建てに比べて値段が高い
  • 中古戸建ては新築戸建てと比べていい立地のものが多い
  • 中古戸建ては掘り出し物に出会えやすい
  • 新築でも中古でも立地が重要(利便性・立地適正化計画・災害リスク)
  • 資金面では中古戸建てが有利だが、物件によっては割高になるものも
  • インスペクションを活用して割高になる物件を回避

以上のポイントを押さえたうえで、新築か中古のどちらを選んでいくかの参考にしてください。

参考になったら「いいね!」をお願いします。

家を探し始めたばかりの方は、こちらの特別レポートをぜひご覧ください。

⇒ 特別レポート「住宅購入で絶対失敗しないための3つの方法」

-一戸建て

Copyright© アーチ地所有限会社 , 2020 All Rights Reserved.